早漏でパートナーの女性に謝る男性

早漏は自分だけなら問題ありませんが、パートナーがいるとなれば気になってしまいますよね。現在ではとても良質な早漏治療薬がいくつも開発されていますので、特徴と合わせて紹介していきます。早漏を撃退しましょう!

早漏防止に関与する副交感神経系と射精を抑えるクスリ

早漏というトラブルは、性行為において個々の想定したタイミングよりも早く射精に至るもので、希望通りの性行為が出来ないことも多くなるために、何らかの手段を用いて改善しなければならないものです。
この早漏防止に取り組む為には、性行為と関連性が深い交感神経系の働きに注目する必要があります。
性行為における交感神経系の働きは、身体的な活動を促すことであり、交感神経の働きで活動性が急激に高められてしまうことで、短時間で射精に至るケースが多くなるのが特徴です。
これとは反対に、性行為において副交感神経の働きが向上すれば、精神的にリラックスすることもでき、射精までの時間を引き延ばす事も可能とされます。また、特筆すべき点としては、この興奮を抑える交感神経系の働きが強くなると、勃起を長い時間にわたり持続する事が出来るようにもなるために、早漏防止の観点からも注目すべき働きです。
この交感神経の働きは、バランスの乱れにより射精までの時間を短くしてしまいます。そのため、早漏防止にはこの交感神経のバランスを整える効果のあるクスリを摂取しておく事が大切です。
そのためには、クスリの効果により、性行為における覚醒に関与する神経伝達物質の作用を弱めて、交感神経のバランスを安定させる事がポイントとされます。このクスリの効果により興奮が鎮められることで、心拍数も低下し、射精がしにくい状態を形成するのです。その結果、この薬剤の作用が早漏防止に大きく役立てられます。
この種のクスリは、興奮性の物質が多く分泌されることを防ぎ、脳内で心理的なバランスを取る役割も担うものであるために、射精までの時間を長くすることに大きく貢献し、早漏を引き起こす要素を排除します。